韓国の新規感染者79人、53日ぶりに最多を記録=物流センターで集団感染発生

韓国の新規感染者79人、53日ぶりに最多を記録=物流センターで集団感染発生

韓国の新規感染者79人、53日ぶりに最多を記録=物流センターで集団感染発生(提供:news1)

韓国のキョンギド(京畿道)プチョン(富川)市のインターネット通販大手「Coupang」物流センターでの集団感染発生により、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染傾向が急激に拡大し、1日の新規感染者数が53日ぶりに最多の79人を記録した。防疫当局が先立って生活の中の距離確保の転換基準としていた1日の新規感染者数50未満を大幅に上回った規模だ。

このうち市中感染は68人で、大部分はソウルやインチョン(仁川)、キョンギ(京畿)など首都圏で確認された。海外流入事例は11人。

28日、中央防疫対策本部によると、新型コロナウイルスの感染者数はこの日0時基準、前日より79人増えた計1万1344人となった。死者は269人で前日と同一で、致命率は2.37%だ。

同日0時基準、1日の新規感染者の規模は去る1日から5月28日まで、増減はあるものの連日増えており、この日は79人で去る4月5日の81人以来、53日ぶりに最多となった。規模だけをみれば、ソーシャル・ディスタンスを施行していたときの水準に戻ったというわけだ。

新規隔離解除者は45人で、完治者は計1万340人。完治率は91.1%だ。現在隔離治療を受けている患者は735人で、前日より34人増えた。

関連記事(外部サイト)