韓国国防部、THAAD基地の新たな搬入・搬出は「無い」=性能改良とは「無関係」を強調

韓国国防部、THAAD基地の新たな搬入・搬出は「無い」=性能改良とは「無関係」を強調

韓国国防部、THAAD基地の新たな搬入・搬出は「無い」=性能改良とは「無関係」を強調(画像:news1)

韓国国防部(日本の防衛省に相当)は、キョンサンブクド(慶尚北道)ソンジュ(星州)の在韓米軍THAAD(終末高高度防衛ミサイル)基地に「迎撃ミサイル」が新たに搬入されたとのうわさを否定した。

国防部の関係者は29日午前、記者陣の取材に応じ「実際に運営されている中で支障がでる可能性があり、安全に問題のある装備に対する”交代”があった」とし、「THAAD基地に新たに搬入または搬出された装備は無い」と述べた。

国防部は、整備に電源を供給する発電機とデータ収集の電子整備、誘導弾などが老化し、これに伴い「同一の数量を交代した」と説明。

同関係者は「本当に単純に、完全に期間が過ぎた装備と誘導弾を交代したまで」とし、「追加されたものはない」と強調した。

これを前に、28日夜から29日早朝までTHAAD基地内部へ装備の陸路輸送作戦が展開された。この過程で、「迎撃ミサイル新たに搬入された」とのうわさが広がっていた。

関連記事(外部サイト)

×