「韓国の総選挙は民主主義の希望…米大統領選挙にも教訓」=米副次官補

「韓国の総選挙は民主主義の希望…米大統領選挙にも教訓」=米副次官補

「韓国の総選挙は民主主義の希望…米大統領選挙にも教訓」=米副次官補(提供:news1)

韓国政府が、11月の大統領選挙を控えた米国に、新型コロナウイルス感染症の状況の中でも4・15総選挙を無事に行なった秘訣を共有した。

韓国外交部(日本の外務省に相当)は、中央選挙管理委員会と行政安全部とともに29日午前8時から1時間30分の間、米国務省、州政府国務長官協会(NASS)の関係者らとビデオ会議を開催したと明らかにした。

米国務省のマーク・ナッパー・東アジア太平洋副次官補は、韓国政府がビデオ会議を通して選挙防疫経験を共有したことに対して謝意を表した。新型コロナウイルスの全世界的な拡大により、多くの国で選挙が中止・延期されている状況で、「韓国が総選挙を成功的に行ったことは、米国をはじめとする全世界の民主主義国家に希望を与えた」と伝えた。

続けて「特に、民主主義の開放性・透明性が、新型コロナウイルスの対応に重要な役割をするという点で、同ウイルスの事態により、民主主義の手続きが弱体化されてはならない」とし、「このような観点から、韓国の総選挙はその意義が大きかった。また、韓国の選挙防疫経験の共有は、米国が今年の大統領選挙を安全に実施する上で教訓になる」と伝えた。

関連記事(外部サイト)