日本メディア「“尹美香”を擁護する韓国左派、北朝鮮と同じ」=韓国報道

日本メディア「“尹美香”を擁護する韓国左派、北朝鮮と同じ」=韓国報道

元慰安婦支援団体の支援金流用疑惑で検察の捜査を受けている尹美香“共に民主党”比例代表議員(提供:news1)

産経新聞は、韓国の与党勢力が、元慰安婦支援団体“正義記憶連帯(正義連)”の支援金流用疑惑で検察の捜査を受けているユン・ミヒャン(尹美香)与党“共に民主党”比例代表議員を擁護していることについて「北朝鮮と同じだといっても過言ではない」と伝えた。

産経新聞は去る2日付けの“北朝鮮、寄付金などの疑惑で渦中の尹美香議員を擁護”というタイトルの記事で、北朝鮮の対外宣伝メディア“我が民族同士”と“統一のメアリ(山びこ)”がユン議員をかばう記事を載せたことを伝え「ユン議員を擁護する韓国の左派勢力と北朝鮮の考えは同じだと言っても過言ではなく、今後の動向が注目される」とつづった。

また「“保守勢力の反日攻撃”、“親日・積弊勢力の卑劣な陰謀策”のような北朝鮮メディアの主張は、韓国の左派および与党の一部の批判と一致している」とし「北朝鮮にとってユン議員は守るべき存在のようだ」と強調した。

つづけて「北朝鮮メディアの過剰な擁護は、ユン議員と正義連の“親北疑惑”を裏付けるものだ」とし「ユン議員は慰安婦問題での北朝鮮との共闘を主張してきた」と伝えた。

産経新聞は「ユン議員の夫のキム・サムソク(金三石)氏は元活動家で、北朝鮮からの工作資金事件で懲役刑が確定後、再審で無罪となった」と付け加えた。

また「今回の疑惑の一つである元慰安婦のための保護施設の売買の仲介に当たった親北派の元活動家であるイ・ギュミン議員夫妻は、脱北者を北朝鮮に戻るよう懐柔したとの報道もある」と伝えた。

関連記事(外部サイト)

×