BTS(防弾少年団)のJ-HOPE奨学金、全羅南道女子商業高校の10人に伝達

BTS(防弾少年団)のJ-HOPE奨学金、全羅南道女子商業高校の10人に伝達

BTS(防弾少年団)のJ-HOPE奨学金、全羅南道女子商業高校の10人に伝達(提供:news1)

韓国の全羅南道女子商業高校は、生徒10人(1年生5人、2年生3人、3年生2人)に、2020年BTS (防弾少年団)J-HOPE奨学金を伝達したと3日明らかにした。

クァンジュ(光州)出身のBTSメンバー・J-HOPE (本名チョン・ホソク)は昨年、緑の傘子ども財団光州地域本部を通して、母校である国際高校の財団学校法人チュンテ学園に、奨学金1億ウォン(約890万円)を寄付した。

チュンテ学園は、傘下の国際高校と全羅南道女子商業高校に奨学金を支給することを決めた。J-HOPE奨学金は5年間にわたって支給され、今回の2年目の奨学金は、学業成績が優秀で、品行方正な10人の生徒に、1人当たり50万ウォン(約4万5000円)ずつ支給された。

現在までに、J-HOPE奨学金を受け取った生徒は計20人で、累計金額は1000万ウォン(約89万円)にのぼる。

全羅南道女子商業高校の校長は「学業に情熱を持った生徒が、存分に夢を広げることができる環境を作るために、今後も最善を尽くしていく」と述べた。

関連記事(外部サイト)

×