ロンドン、ベルリンでも抗議デモ…「人種差別は世界中の問題」

ロンドン、ベルリンでも抗議デモ…「人種差別は世界中の問題」

ロンドン、ベルリンでも抗議デモ…「人種差別は世界中の問題」(画像提供:wowkorea.jp)

米国で起きた黒人ジョージ・フロイド氏の死亡抗議デモに同調する動きが、国境を越えて海外に拡大している。

ロイター通信によると3日、英国ロンドンでも数千人が市内中心部に集まって「正義がなければ、平和もない」とスローガンを叫んで抗議デモを行った。

マスクを着用して、抗議デモに参加した人たちは「人種差別は世界中の問題」などのスローガンを掲げて通りを行進した。

ボリス・ジョンソン英国首相は「もちろん黒人の命も大切で、私は米国だけでなく、全世界で感じている怒りと悲しみを全面的に理解している」と述べた。

ドイツ政府の報道官も「ジョージ・フロイド氏の死は、ドイツと全世界の人々に衝撃を与えた」とし「恐ろしく起きてはならない死だった」と語った。続けて「ドイツにも人種差別があると確信している」とし「私たちを含めてすべての社会は、人種差別に対抗し、常に努力することが要求されている」と述べた。

関連記事(外部サイト)