「G7参加国の拡大提案、積極的に対応…防衛費分担金の交渉妥結に努力」=韓国版NSC

「G7参加国の拡大提案、積極的に対応…防衛費分担金の交渉妥結に努力」=韓国版NSC

「G7参加国の拡大提案、積極的に対応…防衛費分担金の交渉妥結に努力」=韓国版NSC(提供:news1)

韓国大統領府国家安全保障会議(NSC)は4日午後、チョン・ウィヨン(鄭義溶)国家安全保障室長の主宰で常任委員会を開き、ドナルド・トランプ大統領のG7(主要7か国)参加要請と関連して議論した。

NSCによると、常任委員らは、新型コロナウイルスによる国際情勢の変化が、私たちの安全保障と経済に及ぼす影響を検討し、これに効果的に対応する方法について議論した。

NSCは「これと関連し、最近のG7参加国の拡大提案にも積極的に対応していくことにした」と明らかにした。

今月1日、トランプ大統領は文在寅大統領に対して「既存のG7は古い体制であり、現在の国際情勢を反映していない」とし「これをG11やG12の体制に拡大することを模索中であるが、文在寅大統領の考えはどうか」と意見を尋ねた。

これに対して、文在寅大統領は「G7の体勢は、全世界的な問題に対応して、解決策を見出すには限界がある。ドナルド・トランプ大統領が韓国と豪州、インド、ロシアの4か国を招待したのは、適切な措置だった」とG7体制の拡大転換に共感を示した。

なお、常任委員らは、無給休職中の在韓米軍韓国人労働者の業務復帰を契機に、早急に米韓間の防衛費分担金交渉が妥結されるよう努力していくことを確認した。

関連記事(外部サイト)

×