WHO「密閉・密集場所ではマスクの着用を」…マスクへの指針を更新

WHO「密閉・密集場所ではマスクの着用を」…マスクへの指針を更新

テドロスWHO事務局長は「密閉・密集した場所ではマスクを着用するよう勧める」と語った(提供:wowkorea.jp)

世界保健機構(WHO)は、新型コロナウイルス感染症が伝染される危険のある公共場所では全ての人がマスクを着用することを勧めるという最新版の指針を発表した。

5日(現地時間)ロイター通信によると、テドロスWHO事務局長は会見で「伝染が幅広く進行していて、密閉されていたり密集した場所では、一般大衆がマスクを着用するよう勧める」と語った。

これはWHOが以前、健康な人々はマスクを必ずつけなければならないという十分な証拠がないという立場から一歩退いたかたちとなった。

WHOは、健康な人はマスクを着用する必要がなく、患者と医療陣が医療用マスクを着用するように勧告していた。

テドロスWHO事務局長は「マスクそれ自体が新型コロナを防いでくれるのではない」と語った。

関連記事(外部サイト)

×