北朝鮮のビラ散布非難に…立場示さず「慎重論」=韓国大統領府

北朝鮮のビラ散布非難に…立場示さず「慎重論」=韓国大統領府

北朝鮮のビラ散布非難に…立場示さず「慎重論」=韓国大統領府(提供:news1)

韓国大統領府によると7日、大統領府は北朝鮮統一戦線部が言及した南北共同連絡事務所の閉鎖措置について、立場を示さない方針だ。

統一部はこの日(7日)、「政府の基本的な立場は、パンムンジョム(板門店)宣言をはじめとする南北首脳が合意した事項を遵守して履行しなければならない」という立場を再確認した。

統一部の立場発表とは異なり、大統領府は特別な立場を示さず、北朝鮮の意図を把握することに集中する雰囲気だ。

文在寅大統領は先月10日、就任3周年の特別演説において「南北鉄道の連結、非武装地帯の国際平和地帯化、離散家族の再会など、既存の提案はすべて有効である」とし「新型コロナウイルスの状況が落ち着けば、私たちの提案を北朝鮮で受け入れることができるよう継続的に対話して、説得していく予定だ」と明らかにしている。

関連記事(外部サイト)

×