北朝鮮、きょう(8日)南北連絡事務所の開始電話を「着信スルー」=応答なし

北朝鮮、きょう(8日)南北連絡事務所の開始電話を「着信スルー」=応答なし

北朝鮮、きょう(8日)南北連絡事務所の開始電話を「着信スルー」=応答なし(画像:news1)

北朝鮮がきょう(8日)午前、南北連絡事務所の開始電話に応答せず、着信をスルーしたことがわかった。

韓国メディアが速報で伝えている。

8日午前、news1は「南北連絡事務所の機能がマヒしたのは、業務開始から1年9か月ぶり」と報じた。

統一部のヨ・サンギ報道官は同日午前、定例ブリーフィングで「きょう午前、連絡事務所は予定通り北朝鮮と(業務開始)電話を繋ごうと試みたが、北朝鮮といま現在、電話が繋がらない状況」と説明した。

南北は、新型コロナウイルス感染症によりことし1月末、事務所の運営を中断。職員らが全て撤収した後も去る5日まで1日に2度、電話とFAXで連絡業務を維持してきた。平日の業務日を基準に午前9時の開始電話と午後5時の終了電話を行っていた。

これを前に北朝鮮は去る4日、キム・ヨジョン(金与正)朝鮮労働党第1副部長名義の談話を通して、対北ビラ散布問題に対する具体的な対応措置として連絡事務所を言及し、「廃止の可能性」を示唆していた。

関連記事(外部サイト)

×