北、南北連絡事務所の業務再開=午前の”着信スルー”から一転、午後は”応答”

北、南北連絡事務所の業務再開=午前の”着信スルー”から一転、午後は”応答”

北、南北連絡事務所の業務再開=午前の”着信スルー”から一転、午後は”応答”(画像:news1)

北朝鮮が8日午後、南北共同連絡事務所の業務に復帰したことがわかった。

韓国統一部はこの日、「きょう午後、共同連絡事務所の南北連絡協議は通常通り進められた」と明らかにした。

ただし、北側は午前に韓国側からの連絡(電話)に応じなかったことについては言及していないことがわかった。

これを前に同日午前、ヨ・サンギ報道官は定例ブリーフィングで「きょう午前、連絡事務所は予定通り北朝鮮と通話を試みたが、北朝鮮は現時点で着信に応じていない」と明かしていた。

その後、韓国政府は「状況を見守っている」と明かし、以降、午後5時に終了連絡を試みたところ、北側はこの連絡を繋いだことが確認された。

関連記事(外部サイト)

×