北朝鮮、南北連絡事務所の午前通話に応答せず

北朝鮮、南北連絡事務所の午前通話に応答せず

北朝鮮、南北連絡事務所の午前通話に応答せず(提供:news1)

北朝鮮が9日、南北共同連絡事務所の業務開始通話に応じておらず、連絡事務所“撤廃”水準に入ったとみられる。

韓国統一部は同日午前9時、連絡開始通話を試みた後、出入り記者団に「本日(9日)午前、共同連絡事務所は予定通り、北朝鮮と通話を試みたが、北朝鮮側が応じなかった」と明かした。

北朝鮮はこの日、労働党機関紙「労働新聞」の報道を通じて、南北間の全通信手段を遮断すると予告した。

新聞は「2020年6月9日12時から南北共同連絡事務所を通じて、維持していた当局間の通信連絡手段、軍の通信線、朝鮮労働党中央委員会本部庁舎と韓国青瓦台(大統領府)とのホットラインなどを完全に遮断・廃棄することになる」と伝えた。

北朝鮮側が正午を機に、全通信手段を遮断する場合、昨年ハノイ米朝首脳会談以降、こう着局面に陥っていた南北関係は連絡事務所の業務までも絶たれ、さらに冷え込むとの憂慮が提起されている。

関連記事(外部サイト)

×