香港国家保安法に対して反対声明主導の安倍首相へ「干渉するな」=中国

香港国家保安法に対して反対声明主導の安倍首相へ「干渉するな」=中国

香港国家保安法に対して反対声明主導の安倍首相へ「干渉するな」=中国(提供:news1)

中国外務省は10日、安倍晋三首相が中国の「香港国家保安法」制定に反対する主要7カ国(G7)の共同声明発表を主導すると表明したことに対し、「干渉しないでほしい」という反応を示した。

ロイター通信によると、中国外務省のホァチュンイン(華春瑩)報道官は同日の定例会見で、安倍首相の発言に「深い憂慮」を表明し、「香港問題は中国国内の問題であり、外国には干渉する権利がない」と述べた。

さらに、「関連国家は国際法と国際関係の規則を遵守しなければならない」と強調した。

これに先立ち、安倍首相は同日午前、衆議院予算委員会に出席し、「一国二制度の原則を前提に声明を発表するという考えから、日本がG7の声明を主導したい」と述べた。

関連記事(外部サイト)

×