北朝鮮「南北関係が破綻しても、我々の意志は然るべき“報復”」

北朝鮮「南北関係が破綻しても、我々の意志は然るべき“報復”」

韓国に対し強硬姿勢に出た北朝鮮は11日、“無慈悲な懲罰”と“然るべき報復”を言及するなど、危険な発言を発した(提供:news1)

“対北ビラ(韓国から北朝鮮に向けて散布した非難のビラ)”を問題視し、対南(対韓国)強硬姿勢に出た北朝鮮は今日(11日)、“無慈悲な懲罰”と“然るべき報復”を言及するなど、危険な発言を発した。

朝鮮労働党機関紙“労働新聞”はこの日の1面に“最高(指導者)の尊厳は、我ら人民の生命であり、精神的な柱だ」というタイトルの論説で「卑劣な逆賊の群れたちに無慈悲な懲罰を下そうとしている我ら人民の実践行動は、どんなことがあっても止められない」と伝えた。

また「我々の神聖な最高(指導者)の尊厳、我ら人民の精神的支柱を傷付けたことは、我ら人民を馬鹿にし弄んでいることだ」とし「これによる懲罰がどれほどのものか、よく見ておくように」と警告した。

つづけて「今後、どんな局面になっても、北南関係が完全に終わってしまったとしても、南朝鮮(韓国)当局者たちに然るべき報復を加えなければならないのが、我ら人民の鉄の意志だ」と付け加え、軍事的行動の可能性を示唆した。

関連記事(外部サイト)

×