韓国の新型コロナ新規感染者45人、市中感染者は全て首都圏で発生

韓国の新型コロナ新規感染者45人、市中感染者は全て首都圏で発生

韓国の新型コロナ新規感染者45人、市中感染者は全て首都圏で発生(画像:news1)

韓国で45人の新型コロナウイルス新規感染者が確認された。

前日(10日)50人台まで増加した新規感染者は1日で40人台へ僅かに減少。しかし、未だに生活防疫基準である50人の線を脅かしている。

新規感染者のうち40人は市中感染で、海外流入の事例は5人だった。特に、市中感染の40人は全てソウル、インチョン(仁川)、キョンギ(京畿)など首都圏で発生したことがわかった。

11日、疾病管理本部・中央防疫対策本部によると、この日0時基準の1日の新規感染者数は45人と確認された。全体の累積感染者数は1万1947人で、隔離解除者数は43人増えた1万654人。

新規感染者が深刻された地域はソウル21人、キョンギ(京畿)16人、インチョン(仁川)6人の順で、検疫過程は2人。

なお、死亡者は前日と同一の276人と発表された。

関連記事(外部サイト)

×