朴元大統領の”友人”崔順実被告、懲役18年が確定=国政介入裁判から3年7か月

朴元大統領の”友人”崔順実被告、懲役18年が確定=国政介入裁判から3年7か月

朴元大統領の”友人”崔順実被告、懲役18年が確定=国政介入裁判から3年7か月(画像:news1)

韓国の前大統領パク・クネ(朴槿恵)被告の友人で、同じく収賄罪などに問われていたチェ・スンシル(崔順実/チェ・ソウォンに改名)被告の再上告審判決が、きょう(11日)開かれた。

最高裁は崔被告に対し懲役18年、罰金200億ウォン(約18億円)を言い渡した。

崔被告は朴被告と共謀し、サムスングループのイ・ジェヨン(李在鎔)副会長から崔被告の娘=チョン・ユラ氏の乗馬費用を賄賂として受け取り、また大企業に対して財団への資金拠出を強要した罪などで起訴された。

控訴審では懲役20年、罰金200億ウォン(約18億円)などの判決が下されたが、最高裁は昨年8月に審理を高裁に差し戻した。

ソウル高裁は去る2月、崔被告に懲役18年、罰金200億ウォンなどを言い渡したが、同被告は不服を申し立て再上告。そしてきょう、最高裁は再上告審判決で懲役18年、罰金200億ウォンを宣告した。

関連記事(外部サイト)

×