北朝鮮「これから流れ行く時間、悔やまれ苦しいものになる」…韓国大統領府に向けての談話

北朝鮮「これから流れ行く時間、悔やまれ苦しいものになる」…韓国大統領府に向けての談話

“対北ビラ散布問題”に対する北朝鮮の対南強硬基調が続いている(提供:news1)

北朝鮮の対南(対韓国)機構である“統一戦線部”は「これから流れ行く時間は南朝鮮(韓国)当局にとって誠に悔やまれ苦しいものだろう」と宣言し、“対北ビラ散布問題”に対する北朝鮮の対南強硬基調が続いている。

北朝鮮のチャン・グムチョル統一戦線部長は12日の夜遅くに発表した談話で「南朝鮮の青瓦台(韓国大統領府)に対しては、信頼より疑惑がわいている」と語った。

チャン部長は「青瓦台は今回の事態について戦々恐々としながら統一部(韓国統一省)の後ろに隠れていた」とし「ついに前面に出て、まるで“大勇断”を下すようにその立場表明をしたが、これは現危機をそれなりに免れようと頭を絞って出した策略ではないかという疑惑が拭いきれない」と語った。

また「犯した重い罪に対して反省する態度があまりにも軽い」と主張した。

関連記事(外部サイト)

×