「6月なのか?」韓国で真夏並みの猛暑続く

「6月なのか?」韓国で真夏並みの猛暑続く

「6月なのか? 」韓国で真夏並みの猛暑続く(提供:news1)

6月なのにすでに韓国の全国各地に今年初の猛暑注意報が出され、熱帯夜まで観測されている。

気象庁は、記録的な暑さを見せた2018年の水準ではないが、平年よりは暑いだろうと予想している。 2018年に猛暑の原因となったチベット高原高気圧の異常発達の危険性は低いが安心はできない。

2018年の猛暑はチベット高原高気圧と北太平洋高気圧が上空5〜7キロで停滞した状態で地面に暖かい空気を閉じ込める「熱ドーム現象」が発生したのが原因だ。

中国国立科学院チベット高原研究所によると、「チベット高原の第3極(TheThirdPole)はこの50年間、平均気温が1.8℃ほど上昇し、雪に覆われた地面の底は減少している」と明らかにしている。気候変化によって、韓国の猛暑問題も続く可能性が高い。

関連記事(外部サイト)

×