北の韓国非難が相次ぐ中、「6.15南北共同宣言」20周年行事は小規模で開催へ

北の韓国非難が相次ぐ中、「6.15南北共同宣言」20周年行事は小規模で開催へ

北の韓国非難が相次ぐ中、「6.15南北共同宣言」20周年行事は小規模で開催へ(画像:news1)

南北が分断から55年が過ぎ、合意を成し遂げたとして歴史的評価を受けた「6.15南北共同宣言」が20周年を迎える中、北朝鮮が連日「対南(韓国)脅迫」を続けており、大幅に縮小して記念式を開催する。

特に、韓国政府は悪化の一途をたどる南北関係を意識したように、6.15共同宣言行事は規模宿縮小で進行することになった。

「6.15南北共同宣言」は、2000年6月13日から15日にかけてピョンヤン(平壌)で行われた南北首脳会談の結果、会談最終日の6月15日、合意文章として韓国大統領のキム・デジュン(金大中)氏と、北朝鮮国防委員長のキム・ジョンイル(金正日)氏との間で締結された合意文章をいう。

関連記事(外部サイト)

×