夫に続いて娘、婿まで…女性牧師一家が「感染」=韓国九老区

夫に続いて娘、婿まで…女性牧師一家が「感染」=韓国九老区

夫に続いて娘、婿まで…女性牧師一家が「感染」=韓国九老区(提供:news1)

ソウル・クロ(九老)区で新型コロナウイルス感染者が3人発生した。午前に感染したことが確認された女性牧師の家族である。

区によると15日、同日午後に、クロ(九老)区73番から75番の感染者が発生したと伝えた。同日午前に陽性反応となった61歳女性(区72番)の家族だ。この女性は、教会の牧師だ。

感染した3人は、同日午前に、区72番の女性が感染していることが確認されると、接触者として分類され、区の保健所で新型コロナウイルスの検査を受けて、午後6時頃に陽性反応となった。

区73番の感染者は62歳男性で、72番の夫だ。44歳女性(区74番)と44歳男性(区75番)も感染が確認されたが、これらは区72番の娘と婿に当たる。

74・75番患者の2006年生まれの娘の検体検査も行われた。この娘は、発熱症状があり、5日に区の保健所で検査を受けたが、6日に陰性となったことが確認された。

関連記事(外部サイト)

×