文大統領「米国の“承認”なしでも“対北支援”に出る覚悟」

文大統領「米国の“承認”なしでも“対北支援”に出る覚悟」

韓国政府は米国側の“承認”を受けられなくても、対北支援事業を再開するものとみられるという見方が出ている(提供:news1)

韓国政府は米国側の“承認”を受けられなくても、対北支援事業を再開するものとみられるという見方が、日本メディアを通じてあげられた。

読売新聞は今日(16日)韓国ソウル発の記事で、ムン・ジェイン(文在寅)大統領が前日に主宰した青瓦台(韓国大統領府)首席秘書官会議を通じて、独自的な対北支援に対する“覚悟”を明らかにしたと、報じた。

文大統領はつづけて「南と北が共に突破口を見つけ出す時がきた。もうこれ以上待てないところまできた」とし「朝鮮半島運営の主人らしく、南北が自ら決定し推進できる事業を積極的に見つけ実践していくことを願う」と語った。

文大統領は「国際社会の同意を得ていく努力も絶え間なくしていく」と付け加えた。

読売新聞は、文大統領のこのような発言について「キム・ジョンウン(金正恩)国務委員長の不満に対して理解を示し、対北制裁解除を米国に要求していく意向を表したものだ」と解釈した。

関連記事(外部サイト)

×