韓国国防部「北朝鮮軍の動向、韓米が綿密に監視」

韓国国防部「北朝鮮軍の動向、韓米が綿密に監視」

韓国国防部「北朝鮮軍の動向、韓米が綿密に監視」(提供:news1)

北朝鮮軍が南北合意で非武装化された地域に再び進出すると予告したことに対して、韓国国防部は「現在の状況を厳重に認識している」との立場を16日、発表した。

国防部はこの日、北朝鮮軍の立場文と関連し「現在の状況を厳重に認識しており、北朝鮮軍の動向を綿密に監視している」と述べた。

続けて「韓国軍はあらゆる状況に備えて、確固たる軍事態勢を維持している」と述べた。

国防部のチェ・ヒョンス報道官は同日、会見で「北朝鮮軍の動向について、韓米間の緊密な協力のもと、綿密に監視・追跡している」とし「韓国軍はどんな状況に対しても備えることができるよう、軍事態勢を整えている」と改めて強調した。

チェ報道官は、北朝鮮軍が9・19軍事合意の破棄を暗示したのではないかという質問については「9・19軍事合意は順守されなければならないというのが基本の立場」と答えた。

軍当局は前日、北朝鮮のキム・ヨジョン(金与正)党第1副部長の談話についても「北朝鮮軍の動向を綿密に注視している」との立場を示していた。

関連記事(外部サイト)

×