北朝鮮の朝鮮中央テレビ、南北連絡事務所の爆破を報道「悲惨なまでに破壊された」

北朝鮮の朝鮮中央テレビ、南北連絡事務所の爆破を報道「悲惨なまでに破壊された」

北朝鮮の朝鮮中央テレビ、南北連絡事務所の爆破を報道「悲惨なまでに破壊された」(提供:news1)

北朝鮮がケソン(開城)工業団地内の南北共同連絡事務所を“破壊”したことを16日、官営メディアの報道で公式確認した。

北朝鮮の朝鮮中央テレビは同日午後17時ごろ、緊急報道をおこない「開城工業地区にある共同連絡事務所を完全に破壊する措置を取った」と発表した。

朝鮮中央テレビは「16日14時50分、けたたましい爆音とともに南北連絡事務所が悲惨なまでにも破壊された」と短く伝えた。

また、朝鮮中央通信も同時刻に「南北共同連絡事務所が6月16日に完全に破壊された」とし、「くず共とこれを黙認した者が罰を受けなければならないと激怒する民心に応じた」と伝えた。

北朝鮮は、住民たちが見る朝鮮中央テレビと対外的に情報を伝える朝鮮中央通信で、すべて関連事実を報じた。対内外的に南北関係の断絶に対するメッセージを強調するためのものとみられる。

関連記事(外部サイト)

×