EU「連絡事務所の爆破、許されない」…「北朝鮮は追加の挑発をしてはいけない」

EU「連絡事務所の爆破、許されない」…「北朝鮮は追加の挑発をしてはいけない」

EUは、北朝鮮が南北共同連絡事務所を爆破したことについて「許されないことだ」と非難した(提供:news1)

ヨーロッパ連合(EU)は、北朝鮮がケソン(開城)の南北共同連絡事務所を爆破したことについて「許されないことだ」と非難し、追加の挑発行為を控えるよう、16日(現地時間)警告した。

EUの外務省の役割をする対外関係庁(EEAS)はこの日声明を出し「北朝鮮がこの日 連絡事務所を破壊し、南北間の連絡チャンネルを遮断したことは許されないことだ」とし「どのような追加の挑発も有害な措置もしてはいけない」と伝えた。

EEASは「EUは北朝鮮の最近の行動に強い遺憾を表す」とし「これは緊張と不安定を招き、朝鮮半島に対する外交的努力を妨げる行動だ」と指摘した。

つづけて「誤解を避け、相互の信頼を積み重ねるために南北は必ず疎通のルートを維持しなければならない」と強調した。

関連記事(外部サイト)

×