韓国大統領府、与正氏の談話を非難 「失礼な口調で蔑視した非常識な行為」

韓国大統領府、与正氏の談話を非難 「失礼な口調で蔑視した非常識な行為」

韓国大統領府、与正氏の談話を非難 「失礼な口調で蔑視した非常識な行為」(画像:news1)

韓国大統領府(青瓦台)が、キム・ヨジョン(金与正)朝鮮労働党第1副部長が17日に出した談話について、「失礼な口調で蔑視した非常識な行為」と非難した。

大統領府のユン・ドハン疎通首席はこの日、ブリーフィングを通して「(文大統領に関して)分別のない言動をこれ以上、容認することはできないと明確に警告する」と明かした。

また「(文大統領の6.15南北共同宣言20周年メッセージの)趣旨を全く理解できておらず、非常に無礼な口調で蔑視した非常識な行為」と非難。

韓国側の対北特使を派遣するとの提案を北朝鮮が拒否したことについては「前例のない非常識な行為であり、対北特使派遣の趣旨を意図的に歪曲したことに対して強い遺憾の意を表明する」と述べた。

ユン首席は「最近の北朝鮮の一連の行動は、(北側に)全く助けとならないだけでなく、これにより発生する全ての事態とその結果は、全て北朝鮮に責任がある」と強く警告した。

関連記事(外部サイト)

×