北、事実上の「軍事合意」破棄=北朝鮮軍、開城・金剛山に進出か

北、事実上の「軍事合意」破棄=北朝鮮軍、開城・金剛山に進出か

北、事実上の「軍事合意」破棄=北朝鮮軍、開城・金剛山に進出か(画像:news1)

北朝鮮が「非武装化地帯」に兵力を進出させて要塞化すると予告した翌日のきょう(17日)、具体的な場所として「金剛山」と「開城工業団地」を示した。

また、北朝鮮は9.19軍事合意に従い非武装地帯から撤収していた監視所(GP)を再び配置し、北方限界線(NLL)一帯を含む国境地帯での軍事訓練を再開すると予告した。

事実上の「軍事合意破棄宣言」となる。

北朝鮮総参謀部は17日、朝鮮中央通信を通して「現在、具体的な軍事行動計画を検討しているが、より明白な立場を明かす」とし、追加での軍事措置を予告。

具体的な次なる措置として、△金剛山観光地区・開城工業団地への部隊展開△非武装地帯から撤収したGPの復元△国境地帯歩兵部隊の増強および軍事訓練の再開△対南(韓国)ビラ散布などを挙げた。なお、総参謀部とは韓国の合同参謀本部に該当する人民軍の組織だ。

関連記事(外部サイト)

×