“金与正の談話”・“連絡事務所の爆発”に接した北の各界の反応は?…「痛快だ」

“金与正の談話”・“連絡事務所の爆発”に接した北の各界の反応は?…「痛快だ」

“金与正の談話”・“連絡事務所の爆発”に接した北の各界の反応は? …「痛快だ」(画像提供:wowkorea.jp)

北朝鮮のキム・ヨジョン(金与正)朝鮮労働党第1副部長の談話と南北共同連絡事務所爆破の写真が公開された二日後の今日(18日)、北朝鮮はこれに接した各界の反応を伝え、世論戦に出た。

朝鮮労働党機関紙“労働新聞”はこの日、脱北者たちを“裏切り者”だと指摘し“裏切り者たちには無慈悲な懲罰だけが課せられる”という特集記事を載せた。

労働新聞はその前日に、共同連絡事務所の爆破写真、キム第1副部長と統一戦線部長の談話、北朝鮮軍総参謀部報道官の発表に接した各界の反応を重点的に紹介していた。

電力工業省の局長は「労働新聞に載った北南共同連絡事務所が完全に破壊された写真を見て、当然無くなるべきものが無くなったのでとても痛快だ」として、その職員たちも皆「当然の懲罰だと異口同音に語っている」と主張した。

朝鮮職業総連盟中央委員会の部長は「無能な南朝鮮(韓国)当局者たちによる北南共同連絡事務所は役にも立たないものなので、空に飛んで行ったことは本当に正しい決断だ」とし、ムン・ジェイン(文在寅)大統領に対しては「米国の顔色をみている」とし、キム第1副部長の談話を正しいと語った。

朝鮮人民軍の軍官は「我々の最高(指導者)の尊厳を傷つけた者たちに対しては、即時に懲罰するのが我が軍隊の使命だ」と語った。

関連記事(外部サイト)

×