中国専門家「北京のコロナ、一か月前から流行していた」

中国専門家「北京のコロナ、一か月前から流行していた」

中国北京で発生した新型コロナによる集団感染が、一か月前から始まっていたという主張が出ている(提供:news1)

最近 中国北京で発生した新型コロナウイルスによる集団感染が、一か月前から始まっていたという主張が出ている。

17日、香港のサウスチャイナモーニングポスト(SCMP)によると、中国疾病統制予防センター(CDC)所長は、中国メディアの報道を引用して「六日間で140人近くの感染者が発生した北京の集団感染は、一か月前から発生していた可能性がある」と語った。

この所長は「市当局が“新発地”市場発の新型コロナの拡散を発見する一か月前から、ウイルスが市民たちの間に拡散していた可能性がある」とし「すでに無症状感染者や軽度の保菌者が多く発生している可能性が高い」と憂慮した。

しかし「まだ確実ではない」とし「これは我々の推測で、より多くの検証が必要だ」と語った。

関連記事(外部サイト)

×