米国防総省、北による異例の脅威継続 「警戒態勢、維持」

米国防総省、北による異例の脅威継続 「警戒態勢、維持」

米国防総省、北による異例の脅威継続 「警戒態勢、維持」(画像:news1)

米国防総省が、北朝鮮のケソン(開城)南北共同連絡所の爆破など対南(韓国)強行路線に続き、インド・太平洋地域に「深刻な脅威となっている」と批判した。

AFP・ロイター通信によると、デビッド・ヘルビー国防次官補代行は18日(現地時間)、「北朝鮮がここ数日間、この地域に対する異例の(extraordinary)脅威を継続して加えており、我々の持続的な警戒が要求された」とし、このように明かした。

ヘルビー国防次官補代行は今後の北朝鮮による追加での挑発の可能性について「今後数日、または数週間以内に何らかのことが起きると見通すのは難しい」としながらも、「我々はどのような脅威や挑発に対しても警戒態勢を維持していく」と強調した。

関連記事(外部サイト)

×