北、“板門店宣言”を想起する理由「南朝鮮のせい」

北、“板門店宣言”を想起する理由「南朝鮮のせい」

北朝鮮は、南北対話の断絶の責任が韓国側にあると主張している(提供:news1)

北朝鮮は今日(19日)「歴史的なパンムンジョム(板門店)宣言を紙くずにしてしまってもなお、今回の事態の責任を転嫁する南朝鮮(韓国)当局」として、南北対話の断絶の責任を韓国側に押し付けている。

北朝鮮の対外宣伝メディア“朝鮮の今日”はこの日の論評で、板門店宣言の条項を説明しながら「北南間での交流自体がなくなってしまった現在の破局的な状況の中、我々がなぜそんなに歴史的な板門店宣言を再び想起させているのか」と伝えた。

このメディアは、韓国政府が南北連絡事務所爆破について強い遺憾を表したことに対して「盗人猛々しいとはこの事だ」と反発した。

つづけて「北と南の間で地上と海上、空中をはじめとした全ての空間で一切の敵対行為を全面中止することにした板門店宣言を紙くずにしてしまったのはまさに南朝鮮だ」として、連絡事務所爆破の責任が韓国側にあると主張した。

また米韓ワーキンググループに言及し「事あるごとに北南関係の全ての問題をホワイトハウスに報告たてまつり、同族の目の前で火薬の臭いを漂わせ、親米と事大主義で祖国を裏切った人間のクズたち(対北ビラ散布をした脱北者たち)によって、我々の生命であり未来の最高(指導者)の尊厳まで侮辱した」と強調した。

関連記事(外部サイト)

×