経産省、韓国によるWTO提訴の再開に「極めて遺憾」=韓国報道

経産省、韓国によるWTO提訴の再開に「極めて遺憾」=韓国報道

経済産業省は、韓国のWTO提訴再開に対して「極めて遺憾だ」と伝えた(提供:news1)

経済産業省は、韓国の世界貿易機構(WTO)提訴再開に対して「極めて遺憾だ」と伝えた。

今日(19日)ロイター通信によると、梶山弘志経産相はこの日の定例記者会見で「日本は持続的な対話を通じてこの問題を解決したい」と語った。

日本政府は、韓国に半導体の核心素材3種に対する輸出規制が安保上必要な措置であるため、WTO規定を違反していないという立場を固守し続けてきた。

韓国政府は6か月間、輸出関連協議のために日本政府との対話に誠実に臨んできたが、日本政府が問題解決の意志をみせないとして、WTO提訴手続きを再開すると、去る2日に発表している。

つづいて18日にはスイス ジュネーブのWTO事務局と駐ジュネーブ日本代表部に紛争解決機構(DSB)のパネル設置要請書を発送した。

関連記事(外部サイト)

×