北、韓国の遺憾表明に「南朝鮮は分別を失った」…「受けて当然の懲罰だ」

北、韓国の遺憾表明に「南朝鮮は分別を失った」…「受けて当然の懲罰だ」

韓国仁川の平和展望台からみえる、北朝鮮軍の哨所(提供:news1)

北朝鮮は今日(19日)「南朝鮮(韓国)当局たちは、我々がとっている全ての措置が、(韓国が)犯した罪の代価に対して当然の懲罰だということをはっきりと知らなければならない」として、南北関係悪化の責任を韓国側に押し付けた。

朝鮮中央通信はこの日“千万回の当然な懲罰”というタイトルの論評で「我々の第1次的な初段階の措置にすぎない物理的行動に、南朝鮮当局が分別を失った」と伝えた。

この通信は、韓国政府が北朝鮮による南北共同連絡事務所爆破措置に対して強い遺憾を表明したことは「実に盗人猛々しいとはこの事だ」とし「我々が確固とした主敵観念をもって北南間の全ての接触空間を完全に遮断してしまわなければならないように仕向けている張本人は他でもない南朝鮮当局者たちだ」と主張した。

つづけて「民族共同の合意文のインクが乾く前に、韓米実務グループという関係を受け入れ、北南間の問題を事あるごとに外勢に言いつけて、承認だの請託だの、物乞いしながら歩き回っている疎ましい動きを嫌気がさすほど見てきた」と指摘した。

関連記事(外部サイト)

×