「トランプ大統領、金正恩氏の要求に米韓合同訓練を中断」=ホワイトハウス元補佐官

「トランプ大統領、金正恩氏の要求に米韓合同訓練を中断」=ホワイトハウス元補佐官

「トランプ大統領、金正恩氏の要求に米韓合同訓練を中断」=ホワイトハウス元補佐官(画像提供:WoW! Korea)

ドナルド・トランプ大統領が、キム・ジョンウン(金正恩)北朝鮮国務委員長の要請に、何の検討もなく、米韓合同訓練の中断を決定したとジョン・ボルトン元ホワイトハウス国家安全保障補佐官が暴露した。

戦略国際問題研究所(CSIS)の先任研究員は、18日(現地時間)ツイッターで「ジョン・ボルトン氏は、自身の著書で、ドナルド・トランプ大統領と北朝鮮について多くを語った」とし、このような内容を伝えた。

これによると、ジョン・ボルトン元補佐官は回顧録「そのことが起こった部屋:ホワイトハウス回顧録」に、ドナルド・トランプ大統領が2018年6月、シンガポール米朝首脳会談当時、米韓合同訓練は費用が多くかかり、挑発的であるという不満を繰り返して表明したことが伝えられた。

すると、金正恩委員長は、米国がこの訓練を縮小したり、終了することを望むという意思を明らかにし、ドナルド・トランプ大統領は、軍関係者の意見を無視したまま、そのようにすると答えたという。

CSISの先任研究員は、ジョン・ケリー元ホワイトハウス秘書室長、マイク・ポンペオ国務長官、ジョン・ボルトン元補佐官、そして当時その場所にいなかったジェームズ・マティス元国防長官まで、誰もこの問題について、諮問しなかったと指摘した。

関連記事(外部サイト)

×