北朝鮮「米国の顔色ばかりうかがって、何も言えない」…韓国に対する不満爆発!

北朝鮮「米国の顔色ばかりうかがって、何も言えない」…韓国に対する不満爆発!

韓国に対して攻勢レベルを高めている北朝鮮22日、韓国政府に向けて強い不満を表した(提供:news1)

対南(対韓国)ビラ散布を予告して攻勢レベルを高めている北朝鮮は今日(22日)、韓国政府に向けて強い不満を表し、南北関係の破綻の責任は韓国側にあると主張した。

朝鮮労働党機関紙“労働新聞”はこの日“慢性的な事大(主義)と屈従の必然的産物”というタイトルの情勢論評で「同じ血を分けた同族よりも外勢を重視する反民族的な姿勢と立場は民族の和解と団結を傷付け、北南関係を破局に向かわせる根源だ」と主張した。

この新聞は特に“米韓ワーキンググループ”をあげ、韓国側が米国との同盟を優先する姿勢を突破できないことに対する不満を表した。

そのことについてこの新聞は「南朝鮮(韓国)当局は“韓米実務グループ”というものにかぶりつき、事あるごとに北南関係の全ての問題をホワイトハウスに報告たてまつっている」として、“米韓ワーキンググループ”を“親米事大の策略”だと非難した。

つづけて「米国が戦争ごっこをしろと言えば戦争ごっこをし、先端武器を買えといえば、あたふたと天文学的な血税を(米国に)捧げ、ケソン(開城)工業地区とクムガンサン(金剛山)観光再開を反対すれば、それに対して何も言えずにいる」と韓国を皮肉った。

このような北朝鮮側の主張は、対北制裁解除を導き出せていないことに対しての不満をあげ、関係悪化の責任を韓国政府に押し付けているものとみられている。

関連記事(外部サイト)

×