韓国政府、ユネスコに「明治産業遺産の登録取り消し」書簡発送へ

韓国政府、ユネスコに「明治産業遺産の登録取り消し」書簡発送へ

韓国政府、ユネスコに「明治産業遺産の登録取り消し」書簡発送へ(提供:news1)

韓国政府がユネスコに端島炭坑(軍艦島)など明治日本の産業革命遺産23施設に対する「世界遺産登録取り消し」を要求するパク・ヤンウ文化体育観光部長官名義の書簡を今月中に発送することを決めた。

日本政府が最近、一般人の観覧を実施した「産業遺産情報センター」内の展示に韓国人の強制動員事実を知らせる内容を記載するなどの措置を約束したが、履行しなかったことへの対応だ。

22日、チョン・ヨンギ「共に民主党」議員によるとパク長官と文化財庁のチョン・ジェスク庁長は去る18日、国会文化体育観光委員会所属の同党議員を対象とする業務報告で、文化体育観光部次元の対応を問う関連質疑にこのように答えた。

チョン議員は「外交部で指摘した事案だが、文化体育観光部次元でも対応が必要なのではないか」と指摘し、パク長官は書簡の発送計画とともに、文化財庁次元の今月中の現場調査計画を明らかにしたという。

チョン議員は国会次元の対応のため、明治日本の産業革命遺産の世界遺産に登録された当時の世界遺産委員会の勧告と、日本が約束した後続措置の履行を促す決議案を今週中に発議する予定だ。

関連記事(外部サイト)