韓国の新規感染者17人、首都圏7人が連鎖感染

韓国の新規感染者17人、首都圏7人が連鎖感染

韓国の新規感染者17人、首都圏7人が連鎖感染(提供:news1)

韓国の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)新規感染者が17人確認された。ソウルとキョンギ(京畿)の新規感染者が1桁となり、テジョン(大田)が0人を記録し、10人台となった。しかし2週間の1日平均感染者が40人を上回っており、安心できない状況だ。

22日、疾病管理本部中央防疫対策本部によると同日0時基準、1日の新規感染者は17人を記録した。全体累積感染者は1万2438人で、隔離解除者は13人増えた1万881人だ。去る9日以降、2週間1日平均44.6人の新規感染者が発生した。

新規感染者17人中11人は市中感染で、海外流入事例は6人だった。市中感染11人中ソウル4人、京畿3人など7人が首都圏で確認された。首都圏以外ではチュンナム(忠南)2人、テグ(大邱)1人、チョンブク(全北)1人など計4人が確認された。

現在、新型コロナウイルスの流行状況は訪問販売業者「リッチウェイ」やロッテ製菓の物流センターなど首都圏の集団発病が全国への広がりを見せている。去る16日から7日間、大田で確認された累積感染者は36人だ。

なお、死亡者は前日と同一の280人だ。

関連記事(外部サイト)

×