新天地教会に「1000億ウォンの損害賠償請求」=韓国大邱市

新天地教会に「1000億ウォンの損害賠償請求」=韓国大邱市

新天地教会に「1000億ウォンの損害賠償請求」=韓国大邱市(提供:news1)

新型コロナウイルスにより、韓国国内で最も大きな被害を受けたテグ(大邱)市が、事態の主犯として目を付けた新天地教会に、1000億ウォン台の損害賠償を請求する訴訟を提起した。

この訴訟の争点は、莫大な被害に対して新天地側にどこまで責任があるかを立証するところにある。

テグ(大邱)市によると22日、新天地イエス教会とイ・マニ総会長を相手に、1000億ウォン(約87億円)の損害賠償の訴えをテグ(大邱)地裁に出した。

テグ(大邱)市は、4月から弁護士など7人で訴訟代理人団を設けて、新天地に損害賠償責任が認められるか、どのような方法と手続きで損害の責任を請求するか、法律的検討をした末、「損害賠償責任がある」という結論を下し、法的手続きに入った。

関連記事(外部サイト)

×