新型コロナ、感染なしの副作用=隔離中にうつ病発症した韓国の20代女性、遺体で発見

新型コロナ、感染なしの副作用=隔離中にうつ病発症した韓国の20代女性、遺体で発見

隔離中にうつ病発症し自殺か… 済州島訪れた20代女性、遺体で発見=韓国(画像:news1)

韓国・チェジュ(済州)島を訪れた20代の女性が隔離中に遺体となって発見された。この女性は、うつ病を患っていたことがわかり、隔離中にうつ病を発症し自ら死を選択したものとみられている。

済州島などによると、22日午前9時15分ごろ済州島人材開発院で新型コロナウイルス感染症の防疫対策で隔離されていた20代の女性が遺体となって発見された。

この女性は去る18日、済州に入り陽性が確認されたバングラデシュ人(留学生)と同じ飛行機に搭乗していたことから、接触者として隔離措置がとられていた。

20日から島内人材開発院で隔離中だった女性は、22日午前9時15分ごろ、同じく隔離生活をしていた知人と連絡がとれず、その後、当局者が部屋を確認した結果、遺体となって発見された。

保健当局によると、女性はパニック障害、うつ病を患っており、隔離期間の初日に管轄保健所を通して薬を代理で処方されていたという。

なお、保健ガイドラインに沿って、1人1部屋で生活しなければならないという点から特別な配慮はなされていなかったと伝えられている。

関連記事(外部サイト)

×