脱北団体が22日夜に散布したビラ風船、きょう(23日)洪川で発見

脱北団体が22日夜に散布したビラ風船、きょう(23日)洪川で発見

脱北団体が22日夜に散布したビラ風船、きょう(23日)洪川で発見(画像:news1)

韓国の脱北団体が22日夜、対北ビラを散布したと主張した中、23日午前、カンウォン(江原)ホンチョン(洪川)でビラ風船が発見された。

news1によると、23日午前10時15分ごろ、洪川某所で脱北団体が散布したとみられる対北ビラ散布風船が発見された。

通報を受けた洪川警察が現場に向かい、現在経緯などを調査している。

これを前に23日午前、自由北朝鮮運動連合のパク・サンハク代表はnews1の電話取材で「(対北)ビラを散布した」と明かした。

ただし、具体的なビラの内容については言及していない。

パク代表は前日(22日)午後11〜12時ごろ、警察の監視を避けてパジュ(坡州)市・ドクウンリ(徳隠里)から対北ビラを飛ばしたと説明している。

なお、同件について統一部は、具体的な内容を軍・警察を通して確認している。統一部関係者は「事実を確認している」とコメントした。

関連記事(外部サイト)

×