北、金正恩氏が再登場=韓国への軍事計画を「保留」…中央軍事委員会を主宰

北、金正恩氏が再登場=韓国への軍事計画を「保留」…中央軍事委員会を主宰

北朝鮮の金正恩国務委員長は対南軍事行動計画の実際履行を保留した(画像提供:wowkorea.jp)

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)国務委員長は軍総参謀部の対南(対韓国)軍事行動計画の実際履行を保留した。

朝鮮労働党機関紙“労働新聞”は今日(24日)「労働党中央軍事委員会会議の予備会議をリモートで6月23日に行なった」と報道した。

この新聞は「キム同志(キム国務委員長)は会議を進行した」とし「最近の情勢を評価し、朝鮮人民軍総参謀部か党中央軍事委員会第7期第5会議に提起した対南軍事行動計画を保留した」と付け加えた。

ただ、キム国務委員長が軍事行動計画を保留した理由や背景については言及しなかった。

キム国務委員長がこのような決定を下した中、これからの北朝鮮の対南攻勢が鎮まるのか注目される。

関連記事(外部サイト)