韓国首相「首都圏の病床不足を懸念…感染者隔離解除基準を緩和」

韓国首相「首都圏の病床不足を懸念…感染者隔離解除基準を緩和」

韓国首相「首都圏の病床不足を懸念…感染者隔離解除基準を緩和」(提供:news1)

韓国のチョン・セギュン(丁世均)首相が24日「高齢の患者が増え、首都圏の重症患者の病床不足問題が懸念される」とし、感染者の隔離解除基準を緩和し効率的な病床管理法案を提示すると明らかにした。

丁首相は同日午前、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)中央災難(災害)安全対策本部会議を主宰し、「きょうは感染者隔離解除基準の改善策について話し合う」と述べた。

丁首相は「中央臨床委員会がこれまで臨床経験や国際基準をもとに現在の厳格な入退院基準を緩和することを建議し、これによる効率的な病床管理策を提示してくれた」とし、「ハイリスク患者を治療することに医療資源を集中させることで、死亡者の発生はもちろん、社会経済的費用も最小化できる」と述べた。

丁首相は「新型コロナウイルスは夏に鈍化するだろうとの期待とは異なり、季節と関係なく全世界で持続的に拡散している」とし、「韓国でも首都圏など地域社会の集団感染が続き、一部の専門家は2次流行の可能性も警告している」と指摘した。

続けて「地域社会の感染拡大が続き、医療陣の疲労度が高まり、医療資源の負担も増大している」とし、「特に高齢の患者が増え、首都圏における重症患者の病床不足の問題が懸念される」と述べた。

丁首相は「大邱で経験したように、感染者が急激に増えれば、現在の医療資源では手に負えない」とし、「万一の場合にも病状がなく、治療を受けられないことが二度とあってはならない」と強調した。

これに対し、「いつ来るか分からない2次流行に備えるため、医療資源を最大限効率的に活用し、国民の生命を保護することに焦点を合わせなければならない」と述べた。また、防疫当局に現場の医療機関などと協議し、改善策を早急に実施するよう指示した。

関連記事(外部サイト)