北朝鮮の対南計画保留に一息ついたが…韓国軍「警戒態勢を維持」

北朝鮮の対南計画保留に一息ついたが…韓国軍「警戒態勢を維持」

北朝鮮の対南計画保留に一息ついたが…韓国軍「警戒態勢を維持」(提供:news1)

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)国務委員長が24日、電撃的に対南(韓国)軍事行動を保留した中、韓国軍当局は「北朝鮮の動向を綿密に監視し、軍事警戒態勢を維持する」と明らかにした。

軍関係者は同日、北朝鮮の党中央軍事委員会の予備会議の結果と関連し「対南軍事行動の保留は緊張緩和に役立つだろう」として、肯定的に評価しながらもこのように明かした。

同関係者はまた「安定的な状況管理のため、危機の高まりの監視を並行しなければならない」と付け加えた。

実際に、これまで南北間の高度の軍事的緊張が続いてきた非武装地帯(DMZ)をはじめ最前線一帯では、依然として厳重な警戒態勢を維持しているという。

軍消息筋は「従来の方針に変わりはない」とし、「(北朝鮮の)動きを注視しながら態勢を維持している」と述べた。

関連記事(外部サイト)