中国偵察機、22日に韓国の防空識別圏に進入=「訓練中」と応答

中国偵察機、22日に韓国の防空識別圏に進入=「訓練中」と応答

中国偵察機、22日に韓国の防空識別圏に進入=「訓練中」と応答(提供:news1)

中国の軍用機1機が去る22日、韓国の防空識別圏(KADIZ)に進入していた事実が遅れてわかった。

24日、軍当局によると中国軍Y-9偵察機と推定される軍用機が22日午前、南海と日本海(東海)一帯を飛行し、KADIZと日本の防空識別圏(JADIZ)に進入した。

中国の軍用機は離於島の西方で韓国と中国の防空識別圏が重なる上空に進入後、対馬の南方を経由して北上した。

当時、この軍用機はほとんどが韓国と中国の防空識別圏が重なる上空とJADIZで飛行していたが、KADIZにも進入して数分間飛行したという。韓国軍は、このような中国軍用機の動きを確認し、戦闘機を対応出動させたという。

問題となった中国の軍用機は、KADIZ進入前に韓国側の通信に対して、「訓練中だ」と答えたことがわかった。

関連記事(外部サイト)