事故後車を捨て逃走した男を逮捕、飲酒運転の疑い=韓国

事故後車を捨て逃走した男を逮捕、飲酒運転の疑い=韓国

事故後車を捨て逃走した男を逮捕、飲酒運転の疑い=韓国(提供:news1)

韓国プサン(釜山)のヘウンデ(海雲台)警察署は、泥酔状態のまま車を運転し、歩道やワゴン車などに衝突した後、車を捨てて逃走した30歳の男性を逮捕したと明らかにした。

この男性は24日午前10時30分ごろ、釜山市海雲台のスクールゾーンで、泥酔状態で自身の車を約5キロ運転した疑いが持たれている。

スクールゾーン内で車両を運転し、歩道の段差部分に突っ込み、事故現場から100メートルほど離れたマンション団地の入り口に車を放置したまま逃走した容疑も持たれている。

当時、男性の血中アルコール濃度は運転免許取消し(0.08%以上)の水準と確認された。

警察は現在、事故の経緯などを調べている。

関連記事(外部サイト)