韓国の新型コロナ新規感染者、28人確認=小規模のクラスター相次ぐ

韓国の新型コロナ新規感染者、28人確認=小規模のクラスター相次ぐ

韓国の新型コロナ新規感染者、28人確認=小規模のクラスター相次ぐ(画像:news1)

25日0時基準で韓国での新型コロナウイルス新規感染者が28人確認され、前日発表された新規感染者より23人減少したが、小規模のクラスターが続いている。

ヨイド(汝矣島)自動車同好会関連の感染者5人のうち1人は、キョンギド(京畿道)ブチョン(富川)に居住していることが公開され、この事例を通じた首都圏での感染拡大に緊張感が高まっている。

京畿道・イチョン(利川)所在のCoupang物流センターでは、従業員1人が感染していることがわかり、再びCoupang発のクラスターが懸念されている。

この日、中央防疫対策本部によると、韓国での新型コロナウイルス感染者数は同日0時を基準に、前日より28人増加した1万2563人を確認された。

また、死亡者は前日より1人増えて282人となった。

関連記事(外部サイト)