米韓高位級経済協議会 局長級会議…米主導の反中経済ブロックを協議

米韓高位級経済協議会 局長級会議…米主導の反中経済ブロックを協議

昨年の11月開催した、第4回 米韓高位級経済協議会(提供:news1)

米韓高位級経済協議会(SED)局長級会議が今日(25日)リモートで開かれた。今回の会議で経済繁栄ネットワーク(EPN)を含めて多様な協力方案について話し合われた。

韓国外交部(外務省に相当)によると、韓国外交部のヤン・ドンハン経済外交局長はこの日の午前、デビッド・ミール米国務省貿易政策通商副次官補、マーク・ナッパー米国務省東アジア・太平洋副次官補と、米韓SED局長級会議をリモートで開催した。

米韓両国は、米韓同盟の核心軸である両国間の経済協力関係の重要性を評価し、新型コロナウイルス感染症により沈滞している世界経済の回復のために、両国・多者次元で緊密に協力していくことにした。

EPNは、米国が主導する反中経済ブロックとして、世界経済の供給網から中国を排除して、米国中心の経済連合体を作ろうという構想である。

米韓両国はこの日の会議で、新型コロナへの対応のための保健・経済分野での協力、新南方政策であるインド・太平洋戦略間の連携協力の現況、女性の経済的力量強化と環境など、グローバル次元での協力増進方案、第5回高位級経済協議会の準備計画に対して意見交換した。

関連記事(外部サイト)