北朝鮮の朝鮮戦争70周年報告書…「米国の対北朝鮮敵視政策廃棄を要求」

北朝鮮の朝鮮戦争70周年報告書…「米国の対北朝鮮敵視政策廃棄を要求」

北朝鮮の朝鮮戦争70周年報告書…「米国の対北朝鮮敵視政策廃棄を要求」(提供:news1)

朝鮮民主主義人民共和国の外務省軍縮ならびに平和研究所は、米国に対して過去から続いてきた対北朝鮮敵視政策を廃棄することを要求した。

研究所は25日、朝鮮戦争70周年を迎え、「米国の対北朝鮮敵視政策の撤回は、朝鮮半島の平和と安定のための必須不可決の先決条件」というタイトルの研究報告書を出して、このように明らかにした。

この日に研究所が発表した報告書は、米国と絡んだ過去の歴史を日誌形式で書いたもので、一種の白書として見ることができる。

この報告書は、▲朝鮮戦争は米国の対北朝鮮敵視政策の必然的な産物▲停戦協定を体系的に破壊した米国の犯罪的策動▲戦争抑止力の強化は我々の最終選択など、3つの題目で構成されている。

関連記事(外部サイト)