“集団食中毒発生”韓国の幼稚園、ハンバーガー病が疑われる園児1人追加=計15人に

“集団食中毒発生”韓国の幼稚園、ハンバーガー病が疑われる園児1人追加=計15人に

“集団食中毒発生”韓国の幼稚園、ハンバーガー病が疑われる園児1人追加=計15人に(提供:news1)

韓国・キョンギ(京畿)アンサン(安山)市は最近、集団食中毒の患者が確認されたA幼稚園の園児のうち1人が溶血性尿毒症症候群(HUS/別名:ハンバーガー病)の症状が疑われ、追加入院したと26日、明らかにした。

市によると去る18日、初めて腸管出血性大腸菌(EHEC)が確認されたA幼稚園の園児(184人)と教職員(18人)、家族など計295人に対して全数調査を実施した。

検査の結果、49人が腸管出血性大腸菌「陽性」判定を受けた。147人は「陰性」判定で、残りの99人は検査結果を待っている。

現在、23人(園児20人、園児の兄弟3人)が病院で治療を受けている。

このうち15人は溶血性尿毒症症候群が疑われる症状を見せており、別途に治療を受けている。そのうち4人(26日1人減少)は腎臓機能などが低下し透析治療を受けている。

この日までA幼稚園発の食中毒関連の有症状者は計102人(入院・自宅隔離、軽症状者など含む)で、前日より2人増えた。

関連記事(外部サイト)