「北朝鮮の『出口戦略』によって、私たちの対応も変わる」=文在寅大統領

「北朝鮮の『出口戦略』によって、私たちの対応も変わる」=文在寅大統領

「北朝鮮の『出口戦略』によって、私たちの対応も変わる」=文在寅大統領(提供:news1)

ムン・ジェイン(文在寅)大統領が最近、北朝鮮による対韓国への強硬姿勢と関連して、「北朝鮮がどのような出口戦略を選択するかによって、私たち(韓国)の対応も変わる」と話したことが分かった。

朝日新聞によると26日、ムン・ジョンイン(文正仁)大統領統一外交安保特別補佐官はこの日、ソウル外信記者クラブ(FCC)招請懇談会で、今月17日に文在寅大統領主宰により、大統領府で開かれた外交・安保分野の元老昼食懇談会の内容を紹介し、このように明らかにした。

当時昼食懇談会は、北朝鮮がケソン(開城)南北共同連絡事務所を爆破した翌日に開かれ、文正仁特別補佐官も同席した。

これに関連して、文在寅大統領は、北朝鮮の動向を見守りながら、偶発的衝突発生時の対応に万全を期すという点を強調したと文正仁特別補佐官が伝えた。

文在寅大統領はまた、「ケソン(開城)事務所爆破に国民がどのくらい衝撃を受けただろうか。失望と怒りを感じなかっただろうか」とし「非常に残念だ」とする心境を明らかにしたという。

続けて「南北関係を回復しなければならないが、今すぐ妙案はない。忍耐しなければならない」とし「努力して状況を反転させよう」と述べた。

関連記事(外部サイト)