文大統領の支持率、5週連続低下…“肯定と否定評価の幅”が「狭まってきている」=韓国

文大統領の支持率、5週連続低下…“肯定と否定評価の幅”が「狭まってきている」=韓国

文在寅 韓国大統領の国政支持率遂行評価(提供:news1)

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領の国政遂行に対する肯定評価が5週連続で低下している。否定評価は2週連続40%台を記録している。

韓国世論調査機関“韓国ギャラップ”が去る22日から26日まで韓国内の18歳以上の有権者2521人を対象に実施した2020年6月4週目の週間集計の結果、文大統領の国政遂行支持率(肯定評価)が先週6月3週目対比で0.1%低下の53.3%となった。

国政遂行への否定的評価は0.9%上昇した42.7%と集計された。“わからない”・無回答は4.0%であった。

肯定評価と否定評価の差は、10.6%と狭まった。

年齢別では、60代を除いた全年齢で文大統領への肯定評価が優勢であった。

支持政党別では、与党“共に民主党”支持層では91.2%の肯定評価であったが、一方 野党“未来統合党”と“国民の党”支持層の否定評価はそれぞれ87.2%と65.7%であった。その他の政党支持層と無党派層では肯定評価が全て下落している。

関連記事(外部サイト)